048-964-0450

〒343-0023
埼玉県越谷市東越谷4-3-24

日曜診療・年中無休
去勢避妊手術
予防接種
健康管理
MAP

埼玉県越谷市の荒川動物病院。犬・猫・ウサギ・ハムスターの診療

お役立ち情報

HOME»  お役立ち情報

お役立ち情報

  • 件 (全件)
  • 1

猫のノミ寄生

 ペットを室内で生活させる家庭の増加にともない、ノミやダニがいる、ということで病院を受診するペットも多くなってきました。ノミも、犬でより一般的にみられるマダニも、寄生するとペットはかゆみなどで不快な思いをするのは皆さんもご存じのとおりです。でも、それだけではないのです!今回は案外大したことはない、と思われがちなノミが猫に引き起こす様々な病気についてご紹介しようと思います。

 最近では事故や病気から守るため、猫を外出させないようにしている飼い主さんがほとんどですが、「猫は外で自由にしているもの」と考えている方もまだまだいらっしゃるようです。このような外出自由の猫たちのほとんどにノミが寄生しており、診察や入院の際に駆虫するということもしばしばです。「ノミがいますよ」と指摘しても大して驚かれない方も多いように感じられます。
では、ノミが猫に寄生することがなぜ良くないのでしょう?

1.かゆみとアレルギー性皮膚炎
 ノミが寄生し、吸血することで猫はかゆみを覚えとても不快な思いをしますが、それがきっかけとなりノミを駆除した後もアレルギー性皮膚炎を起こす場合があります。かゆみや皮膚炎が残ってしまうのは猫にとってもつらいことです。
また、ノミはヒトにもうつるため、皮膚の弱い方や小さな子供さんにも良くありません。

2.寄生虫などの媒介
 ノミは瓜実条虫という寄生虫の卵を体の中にもっているため猫(や犬)がグルーミングなどの際にノミを飲み込んでしまうとこの寄生虫がお腹の中に入ってしまいます。「お尻の周りに動く虫がいる」とか、「便のところに動く米粒大の虫がいる」という相談を受けますがそのほとんどが瓜実条虫です。この寄生虫は猫に大きな害を及ぼすことはないとされていますがまれにヒトにも感染することがあるので駆虫しておいたほうが良いでしょう。
 ノミをみつけるとつぶしたくなってしまうものですが、つぶすと瓜実条虫の卵を散らしてしまいます。ノミをつかまえたら水に流すなどすると良いでしょう。
 さらにもう一つ、ノミが媒介すると考えられる恐ろしい感染症にマイコプラズマ感染症(旧ヘモプラズマ、ヘモバルトネラ)があります。
 マイコプラズマは血液中に入り、赤血球を破壊するため猫の貧血を起こします(猫伝染性貧血)。 とくに猫エイズウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)に感染している猫ではこの症状がより激しくなり輸血が必要となったり、亡くなってしまったりすることもあります。このような猫では治療で一時的に症状が治まってもしばらくするとまた貧血をぶり返す場合があり、猫も飼い主さんもそのたびにつらい思いをすることになってしまいます。
 マイコプラズマの感染ルートは未だ不明な点も多いのですが、夏季にノミやダニに感染し、秋頃発症することが多いとされています。

 このようにノミが寄生して良いことは何もありません。外出自由な猫と生活していらっしゃるご家族の方は今すぐ!ノミが猫ちゃんについていないか確認してください。そしてノミがいたら駆虫を、いなくても予防をしてあげてください。ノミの予防・駆虫薬はたくさん種類があります。一般的でお手軽なのは首の後ろにたらす液体状のものですが、より長く効果を持続させたい場合には注射薬もあります。詳しくはかかりつけの動物病院にご相談ください。

2014-08-01 11:16:00

犬と猫の乳腺腫瘍と避妊

 犬と猫の寿命は、栄養状態の改善や、飼育環境の向上によって飛躍的に延び、20才を超える長命な犬猫も現われてきました。しかし寿命が延びた一方で、腫瘍に侵される犬猫が増加しつつあります。

 腫瘍の発生を人間と比較してみると、犬では2倍、猫では1/2といわれ、特に高齢の犬における腫瘍の発生率が高いようです。また10才以上の犬の45%は悪性腫瘍(癌)で亡くなっていると考えられています。

 犬における乳腺腫瘍は、6~7才を過ぎると増加してきます。
乳腺腫瘍の発生する平均年齢は10才で、その50%は乳腺癌です。

 犬や猫の乳腺癌は人間と比べて進行が早く、発生後数か月で転移し死亡します。
犬の乳腺腫瘍はホルモンによって誘発されると考えられており、避妊手術で発生が抑えられることが分かっています。

 乳腺腫瘍の発生率は、初回発情前に避妊手術をした場合は1%、初回発情後の場合は4%、2回目の発情以降の場合は25%と、早期に避妊手術をすることによって低下する傾向があります。そのため、子犬を産ませる希望がなければ、初回発情前に避妊手術されることをお薦めします。

 猫の乳腺腫瘍は8才以降で発生しやすく、その70~80%は乳腺癌と考えられています。また避妊していない猫における乳腺腫瘍の発生は、避妊済みの猫の約7倍とされています。猫における乳腺腫瘍の99%は避妊手術をしていない猫で発生するため、猫では若齢期に避妊手術されることをお薦めします。

2014-06-01 11:15:00

犬の僧帽弁閉鎖不全症について

 今年の冬は寒いですね!皆さんのペットはお変わりありませんか?今回は犬の心臓病のうち、私たちが一番多く目にする病気「僧帽弁閉鎖不全症」についてご紹介したいと思います。

 ひとくちに犬の心臓病といっても、人間の心臓病と同じような先天性の心臓奇形によるもの・心臓に寄生する寄生虫(=フィラリア)によるもの・年齢とともに発症してくるもの・・と様々なものがあります。
今でこそフィラリア予防は一般的になりましたが、ひと昔、いえ、ふた昔ほど前までは『犬の心臓病=フィラリアによる循環障害』というのが普通の考え方だったかもしれません。ところがフィラリア予防が普及し、犬の寿命が延びるとともに「僧帽弁閉鎖不全症」という、加齢に伴う心臓病が多くみられるようになってきました。

 心臓には4つの部屋(右の上の部屋(右心房)・右の下の部屋(右心室)・左の上の部屋(左心房)・左の下の部屋(左心室))があり、血液は全身→右心房→右心室→肺で酸素をもらって→左心房→左心室から全身へ・・というルートを流れています。各々の部屋には弁というドアがあり、この流れが一方向にしか流れないようにできています。「僧帽弁閉鎖不全症」は、このドアのうち左心房と左心室の間にあるドア(=僧帽弁)やその周りの組織がとけてしまったり、ぼろぼろになってしまう病気です。ドアが閉まらなくなってしまうと左心室の中の血液が左心房へ逆流して次第に血液の流れが悪くなり、やがては肺に水がたまる「肺水腫」というとても危険な状態を引き起こすことになります。

 ほとんどの飼主さんはここまで病気が進む前に愛犬の咳や運動をしたがらないなどの症状に気付き来院されるのですが、やっかいなことにそれほどひどくない状態から興奮などにより突然症状が悪化し、時には急に亡くなってしまうケースもあるのです。
この病気は高齢化に伴いみられる病気ではありますが、かかりやすい犬種も報告されています。キャバリアやマルチーズ、シーズーなどの他、チワワやトイプードルなどの小型犬に多い傾向があります。(もちろん、それ以外の犬種で発症しないわけではありません)

 この病気の予防法は、残念ながらありません。また、かかってしまったら完全に治すことが難しい病気でもあります。でも、早期に発見して治療を始めれば良い状態を長く保つことができます。
まず、特に小型犬の飼い主さんは5~6才になったら定期的に病院で健康診断を受けてください!
 無症状でもワクチンやフィラリア予防で来院される際の健康診断で発見される場合が多いのです。そしてこの病気が疑われたらさらに愛犬の毎日の状態をよく観察し、かかりつけの獣医師と話し合いながらその子にとって最良の方法を考え、実践してあげてください。また、高齢の(小型)犬で夜間に咳がひどい・眠ることができず苦しそうに歩き回る、などの症状がみられる場合、肺水腫を起こしているかもしれません。
 緊急治療が必要となる可能性がありますので「夜だから・・・」などと思わず、すぐにかかりつけの病院を受診するか夜間救急病院を受診してくださいね!

2014-03-01 11:16:00

チョコレート中毒

 甘いものが大好き!という方はたくさんいらっしゃると思います。
和菓子のあんこ、ケーキ、チョコレート・・・考えただけでもとってもシアワセ。
動物にもこういったスイーツが大好きという子が多いようです。
ご家族の外出中にテーブルや棚の上に乗って食べてしまった、という話も耳にします。ところが、このようなスイーツの中には動物が口にすると命にかかわるような、危険な中毒をおこすものもあるのです。

そこで今回のテーマは「チョコレート中毒」。

 チョコレート中毒はチョコレートに含まれるテオブロミンやカフェインによっておこります。
これらの成分は、中枢神経や血管に作用して下痢・嘔吐といった消化器症状、ふるえ・発作といった神経症状、頻脈・不整脈といった循環器症状をひき起こし、時には命を落とすこともあります。
 市販のチョコレートにはたくさんの種類がありますが、中でもこれらの成分が多く含まれているのは料理用チョコレート、次いでセミスイートチョコレート、ミルクチョコレート。つまり、ビターチョコレートの方がミルクチョコレートに比べより危険、というわけです。

 実際にチョコレートを食べてしまったと来院される患者さんをみるとほとんどが(というより全て)犬、それも室内犬です。チョコレートが近くにあり、ご家族の方が保管している場所を覚えていて、しかも魅力的な香りがする、となれば仕方ないかもしれません。

 では、もしも愛犬がチョコレートを口にしてしまったらどうすれば良いのでしょう?

 まずはかかりつけの病院に連絡して、いつ、どんな種類のチョコレートを、どのくらい食べてしまったのかを伝え、指示に従ってください。
病院を受診する際には食べかけ、もしくは食べてしまったチョコレートと同じチョコレートをパッケージごと持参するとスムーズな診察につながります。あまり時間がたっていなければ吐かせることもできますのでチョコレートを口にしたのがわかったらすぐに病院に連絡することをお勧めします。(ご自宅で吐かせようとしたけれど失敗した、といって来院する飼い主さんもいらっしゃいますが、動物にとっても人間にとっても大変危険です。無理せず病院を受診なさってください!)

2014-03-01 03:14:00

猫の風邪

 毎年秋から冬にかけて、猫の風邪が流行します。

猫の風邪には、くしゃみ・鼻水・発熱が主な症状の「ウイルス性鼻気管炎」と、舌や口内に潰瘍ができ、肺炎を併発する「猫カリシウイルス感染症」の二つがあります。
どちらも悪化すると死亡したり、慢性化して症状が長期化します。

 猫の風邪を防ぐには、予防接種が最も効果的です。
猫の予防接種には、猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症の他に、猫汎白血球減少症、猫白血病、猫クラミジア感染症に対する混合予防接種があります。
予防接種は、生後2か月頃に2回、成猫になったら毎年1回行います。また屋外に出る猫は、風邪以外にも様々な伝染病に感染したり、危険がありますので、猫は外に出さないようにしましょう。

2013-02-01 11:13:00

甲状腺機能亢進症

 10月に入り、日中はまだまだ暑い日もありますが朝晩の空気は冷たくなってきました。
季節の変わり目ですが、みなさん、そしてご家族である動物たちは体調を崩したりしていませんか?
とくに高齢の動物にとって急な気温の変化は体にこたえます。いろいろ工夫をして、これからの季節を快適に過ごせるようにしてあげてくださいね!
 今回は猫に多くみられる内分泌疾患、甲状腺機能亢進症について紹介したいと思います。

 まず、甲状腺といってもどんな器官なのかぴんとこない方も多いでしょうから簡単に説明すると、甲状腺は首の下の方にあり、甲状腺ホルモンを分泌している器官です。
甲状腺の分泌するホルモン(サイロキシン、トリヨードサイロニン)は全身的な代謝に関わっています。この、甲状腺ホルモンが何らかの理由(甲状腺の腫大や、甲状腺がんなど)で多く分泌されてしまうのが「甲状腺機能亢進症」であり、主に中~高齢の猫で多くみられます。
猫の場合、9割は甲状腺の腫大によるもので、残りはまれですが甲状腺がんによるといわれています。
犬でも甲状腺機能亢進症はみられますが非常にまれであり、甲状腺がんによるものと甲状腺ホルモンを過剰に与えられたために生じたものがあります。

 甲状腺ホルモンは体のいろいろな所に作用して代謝を活発にします。
心臓に作用して心拍数を増し、全身的なエネルギーの消費を増し、胃腸に作用して腸の運動を活発にする・・など。
ホルモン量が多くなると、この作用がより強く現れ、体に悪影響を及ぼすようになってきます。
心臓では心拍数が上がりすぎたり(頻拍)、心臓の筋肉が厚くなってくる(心肥大)、エネルギー消費量が増えるため、食欲は増すのに腸の動きが活発になりすぎるためと脂肪の吸収が減るため下痢するようになってくる、被毛の抜けかわりが活発になりすぎて異常に脱毛する・・やがて、全身が酷使され、衰弱していきます。

 こう書いてみるととても恐ろしいことが体の中で起こっているのですが、甲状腺機能亢進症の猫に特有な症状があるのか?というと、これといった症状がなく、病状が進むまでは「何となく痩せてきたけれど食欲はある。水もよく飲むし活発に動く。むしろうちの子は年のわりに元気にしている」と思われがちです。また、どことなくおかしいかな?と思い動物病院で一般的な血液検査をしてみても大きな異常があらわれることはほとんどありません。

 では、どうすればいいのでしょう?
答えは簡単!血液中の甲状腺ホルモン濃度を測定し、正常な範囲を超えていればこの病気を診断することができます。
甲状腺機能亢進症かな?と思われるような症状が出ている猫はもちろん、症状の出ていない7~8歳を過ぎたいわゆる高齢期の猫でも、予防的に検査をしておくとこの病気の早期発見につながると思います。

詳しくはかかりつけの動物病院の獣医師にご相談ください。

2012-10-01 11:12:00

熱射病

 暑い日が続いていますが、お元気ですか?今年の夏は特に暑いですよね。
特にお散歩が必要な犬がご家庭にいるという方にとっては、大変な季節だと思います。
今回は、そんな暑い季節に気をつけたい病気をご紹介しようと思います。

 夏になるとほぼ毎日、天気予報やニュースなどで「熱射病」という言葉を耳にします。
熱射病は、車の中や閉め切った室内など、換気が悪く湿度の高い、暑い場所に長時間いたり、炎天下、激しい運動をしたりすることで体温が上がり、熱の放散がうまくいかなくなることでおこる病気です。
人間ではすっかりおなじみのこの病気、動物にもおこりますが、とくにご家族の方と一緒に外出する機会の多い犬で夏季に多くみられます。
よくあるケースとして、ビーチに一緒に行ってボール投げを長時間した、とか車で買い物に出かけ、お留守番をさせておいた、日の高いうちにお散歩をした、といったものがあげられます。

では、熱射病になるとどんな症状がみられるのでしょう?

まず、上がってしまった体温を体が放散できない環境にいるため、体温が上がります。
犬の平熱は38℃~39.5℃くらいですが、熱射病の場合、40℃以上になってしまいます。そして呼吸が速くなり、よだれが多くなったり心拍数が増えるといった症状がみられます。さらに体温が42℃をこえると全身の臓器(脳、心臓、消化器、腎臓など)の機能に障害をきたすようになるため、ケイレンや昏睡、吐血、血便、乏尿もしくは無尿(おしっこの量が減る、もしくはおしっこがまったく作られなくなること)といった症状がみられるようになり、やがて死んでしまいます。

熱射病が疑われたらとにもかくにも、まずはかかりつけの動物病院に連絡してすぐに受診することです!

 このように、熱射病は動物にとっても恐ろしい病気ですが、実は予防することが一番大切なのです。
夏季に限らず換気の悪い、蒸し暑い場所に動物を長時間置かないこと、暑い時間帯にお散歩に行ったり、激しい運動をさせないことなど。
特にお散歩の際には人間にとって涼しく感じる場合でも体高の低い動物にとってはアスファルトの熱を直に受けることになるため、注意が必要です。
室内でもエアコンをつけたり、やむをえず車内にお留守番させるような場合には、凍らせたペットボトルなどをそばに置き温度が上がりすぎるのを防ぐ、などの工夫をしたいものです(もちろん、お留守番の時間も短く!)。

 ほんのちょっとの間に自分の不注意のせいで大切なペットの命が奪われてしまった、と後悔しないためにも、どうか熱射病に気をつけてあげてください。「家族」の命を守るのはあなたです!

2012-08-01 08:11:00

猫の尿石症

 このところ暖かい日が増え、動物たちにとっても過ごしやすい季節になってきました。
日向ぼっこする動物を見ているとこちらの心まで温かくなりますよね。
寒い冬には風邪や心臓病など、様々な病気が悪化しやすいのですが、そのような病気の1つに猫の尿石症もあげられます。でも、暖かくなってきても油断は禁物!
 あなたの猫ちゃん、ちゃんとおしっこ出てますか?

猫の尿石症は、尿中に砂状の細かい石ができる病気です。
若くても、年をとってからでも、男の子にも女の子にもみられます。
石が尿と一緒にでているうちはいいのですが、男の子の猫では尿道が狭いため、ある時突然尿道に詰まってしまう「尿道閉塞」を引き起こすことがあります(女の子では尿道が広いため、起こりにくいのです)。
すると猫は排尿できなくなり、「何回もトイレに行き力むのにおしっこが少ししか、もしくは全く出ない」という状態になります。

 尿の中には腎臓でろ過され、体の外に排泄されなければならない老廃物が含まれていますから、尿が排泄できなければ老廃物も体の中にたまっていくことになり、やがて猫は食欲もなくなり、嘔吐がみられるようになり、次第にぐったりしてきます。この状態が続けば、死んでしまいます。

ほとんどの飼い主さんは猫がトイレに何度も行き、力んでいる段階で来院されますが、もう少し症状が進んで嘔吐がみられるようになってから来られる方もいらっしゃいます。
たいていの場合、病院での治療により元気になりますが、閉塞が1週間以上続いていたために亡くなってしまったというケースも経験しています。尿石症による尿道閉塞は命にかかわる病気です!

もしもおしっこの仕方がいつもと違う、とか、おしっこが出ていないかも?
と思われるようであれば様子をみたりせず、すぐに動物病院に連れていってあげてください!!

2012-05-01 15:09:00

  • 件 (全件)
  • 1

どうぶつ健保対応医療機関 アニコム損害保険株式会社

どうぶつの総合病院

MOBILE SITE